なるべくまっすぐに

美味しいもの大好き&いつまでも好奇心旺盛でいたい私の日記。最近は6歳の娘&2歳の息子に癒され&振り回されてます。笑

蕨(わらび)と灰と両親と(笑)

20170515a.jpg

めずらしく父から電話がかかってきたかと思えば、
申し訳なさそうな声で「わらび、食べられるか?」「悪いけどもらってくれへんか?」「灰もあるねん」と。

とりあえず元気よくふたつ返事で「いる、いるー!」「で、どうしたん??」と話を聞くと、

奈良へ釣りに行った帰りに、路上で野菜を売っておられるおばちゃんから薦められて買ったものの、
母に電話したら「わらびに灰?!私は料理しないよ!」と、ぴしりと言われたらしく。
(母は台所が泥などで汚れるのが苦手&山菜全般的にあまり好きじゃないんです)

お薦めされるままに買っちゃって、あとから母にお伺いを立てるのが父らしい。
「あはは、やっぱりそうかー」って、思わず笑っちゃいました。

1時間後、バツの悪そうな顔でわらびと赤飯(夫と娘の好物)に饅頭まで持って現れた父。
たまたま晩ごはんが焼きそば(父の好物)だったので「一杯のアテに」とお裾分けしたら、笑顔で帰っていきました(笑)

20170515b.jpg

夜のうちに灰でアク抜きしておいて、朝にしっかり洗い流した状態のわらび。

重曹でアク抜きをしたことはあるのですが、灰でアク抜きをするのは初めて。
分量がよくわからず・・・適当にしたら多すぎたみたいで、薄皮がゆるゆる、やわらかくなりすぎちゃいました。
(火を止めてから鍋に入れたのですが、沸騰させた後のコンロの上に鍋を置きっぱなしにしてたのも、失敗の原因かな)

20170515c.jpg

これ以上火を入れない方が良さそうなので、お出汁とみりんと醤油を煮立てて、火を止めてからひたしてみました。

だいたい半分にわけて、写真手前のパックは実家へ。
ちょうど未開封の実山椒があったので、これもちょっとお裾分けで「お好みで乗せてね」とメモ書きして渡しました。

やわらかすぎた失敗わらびですが、父と祖母は喜んで食べてくれたようで。
母も一応食べたけど、やはりわらびは苦手、でもあの実山椒は美味しいわーと電話がありました(笑)

そして残りの半分、奥のわらびは家族用。

夫は普通に食べてましたが、娘は「変な味ー!」と嫌な顔。
意外にも息子には好評で、写真の5切れ分を小さく切ったものを勢いよく食べて、もっと欲しいーと!

小さい息子にあまり食べさせすぎるのは心配なので、その場はおしまいにしましたが、昼、晩、その次の日も食べてました。
(ねばねばしてたのが食べやすかったのかな?←納豆とかなめことか、好きなんです)

20170515d.jpg

お昼ごはん・一日目
ばら寿司、鯖の塩焼、筍(若竹煮だったもの)、新玉ねぎとトマトのサラダ、わらび

20170515e.jpg

お昼ごはん・二日目
茹で鶏の汁で炊いた玄米入ごはん、鶏ももとパプリカ炒め(母作)、筍と蕗の煮物(母作)、壬生菜の漬物、わらび

わらびと交換に、母が持たせてくれたおかず達も一緒に。
自分で炊いた筍を食べ切って、また買おうと思っていたところに、ばっちりのタイミングでしたー(笑)

友人とおうちごはん

もう金曜日ですが・・・

ひなまつりのあとの週末、友人が遊びに来てくれましたー

20170304a.jpg

サラダ(茹でたまご、ミニトマト、きゅうり、レタス、パプリカ)
蒸しさつまいもとブロッコリーのチーズ焼き
黒鯛(チヌ)とえりんぎのハーブソルト&バターソテー
スナップエンドウ
パン(プチチーズ・バイツェンブロート)

20170304b.jpg

メインはビーフシチュー♪

出来るだけあたたかい状態でと思って、友人の顔を見てから仕上げにかかったのですが、
またしても友人に子守りをさせる形になっちゃいました。

息子がテーブルの上を狙うので、友人も困惑気味なのが見えてしまって、気持ちが焦る焦る・・・
シチューの盛り付け、ぐちゃぐちゃです(汗)

20170304c.jpg

市販のビーフシチューの素を使って、簡単にしちゃいました。
日本食研の『100分煮込む本格ビーフシチューの素』

1の煮込みスープベースで90分+2の香るブラウンルーで10分=100分煮込むだけで、簡単&美味しい♪

15年来の友人なのですが、和食の方が喜ぶイメージがあって。
(彼女がお気に入りの店、天ぷら屋さんとかセイロ蒸し屋さんとかだし)
時間ぎりぎりになって「あ!ビーフシチュー苦手だったらどうしよう?」と心配したのですが、
むしろ好きだったようで、喜んでもらえました。良かったー

食後にコーヒーを飲んでたら玄関のチャイムが。
娘のお友達(1年生)が「あそぼー!!」と。
時計を持たせて「16時に迎えに行くからねー」と見送って、そのまま娘はお友達の家へ♪

そこから約2時間、息子を遊ばせながら友人とのんびり話せました。
いつも子供中心になりがちなので、普段は話せない大人だけの会話も出来て、良かったです。

約束の時間になったので、娘を迎えに行って(女子5人できゃーきゃー言いながら走り回ってました。笑)
今度は娘と友人とシルバニアファミリーで遊んで・・・あっという間に、友人の帰る時間に。

楽しい時間は早いなぁー

駅まで送ったのですが、遊び疲れた息子は自転車の子供シートで寝ちゃって、そのまま晩ごはんまで寝てました。
娘も寝るかな?と思ったのですが、こちらはまだまだ元気で、しゃべるしゃべる!

以前は友人が帰った後にちょっとさみしく感じたりしたものですが、そんな暇なしです(笑)

産直・紀ノ川からの野菜だより(2017年2月4週)

20170225a.jpg

心待ちにしておりました。の、花桃。

最終便のおまけはかわいらしい花桃。
品種は矢口桃=去年と同じ品種(去年の日記)ということは、同じ場所からやってきたのかな。
勝手に想像をめぐらせ、来年もまたこの企画が楽しみです。

20170225b.jpg

今週の野菜セット
ほうれん草、春菊、青梗菜、ブロッコリー、青葱、大根、おまけは花桃♪

20170225c.jpg

届いてすぐの晩ごはんに登場したのは、やっぱりブロッコリー。

私がブロッコリーを茹でるあいだに、娘が味噌と練り胡麻とマヨネーズを混ぜ混ぜ。
茹でたてをアンジェレトマトと一緒に、盛り付けも娘に任せました。
そしてお皿やコップの準備もお手伝いー♪と、その隙に、ちょっと事件が。

いつの間にか起きた息子がトマトだけ8個も食べちゃって・・・
娘が泣きだし、冷蔵庫に残ったトマトをこっそり食べさせる羽目に。(予定が狂う~そして、私も食べたかった。泣)

20170225d.jpg

春菊は寄せ鍋で食べましたー!まだまだ、鍋料理もお餅も食べてます!笑
大根は煮物に。飾り切りは苦手なのですが(というか包丁使い自体が下手)、今年こそはちょっと練習してみようかなと思ってます。

20170225e.jpg

やわらかくって美味しいほうれん草♡
茹でて冷水にとって、ほんの少しの白だしだけで、穂先筍と一緒に食べましたー
子供用には小さく切って、甘ーくして、娘の好きな白胡麻も混ぜ混ぜ。
息子は普通に食べたのですが、娘は「うん、ほうれん草の味やわ」と渋い顔(苦笑)

穂先筍の土佐煮は生協で買った惣菜です。
原材料は筍、かつお削り節、天然だし(鰯・鯖・鯵の削り節、その他)、醤油、砂糖、水飴、味醂。
個人的にはもうちょっと甘くないのが好みなのですが、子供たちは好きな味のようなので、味付けの参考にしたいなーと思います。


産直・紀ノ川からの野菜だより(2017年2月3週)

20170218a.jpg

今週の野菜セット
青ねぎ、ミニ白菜、青梗菜、春菊、水菜、カリフローレ、そしておまけは冷蔵の富有柿♪

・・・実は息子の入院中、1月4週目も野菜セット&果物セットが届いたのですが、夫から義妹たちに配ってもらってました。

義妹1には娘の幼稚園の送迎、お弁当、晩ごはんにお風呂までお世話になった日もあったり、
週末は義妹2の家に泊めてもらった上に一緒にお出かけ、おみやげまで・・・本当に感謝してもしきれないほどです。

そして2月1週&2週は注文締め切りの時点で息子の退院が決まってなかったので、
やっと注文できたー!そして無事に受け取れたー!の野菜セットでした。

20170218c.jpg

金曜のお弁当に入っていたのは、このカリフローレです。
火曜に届いてすぐにさっと茹でて、その日の晩ごはんにも登場でした。

私はシンプルに塩パラリで食べましたが、
子供たちはマヨをちょんちょん付けながら食べる、夫と同じ食べ方が気に入ったようです。(なので、お弁当にもマヨ小袋付き)

20170218d.jpg

大阪春菊(菊菜)と違って、軸のしっかりした春菊。
鶏肉を焼いた脂で炒めにしてみたり、

20170218e.jpg

天麩羅にしたりしましたー

炒めた春菊はしぶーい顔で嫌そうに食べていた娘ですが、天麩羅にした春菊は目をぱあっと開けて「美味しいー!」と。
揚げたて限定だったようですが、天麩羅ならいける。嬉しい発見でした。

(後ろに写っているのは鳥天、これもお弁当と同じものです。笑)

20170218f.jpg

水菜もしっかりめ。
この時はたこちくわと一緒におかかおひたしに。

他にも白菜と一緒にお鍋にしました♪

今週の野菜たちも元気いっぱいで美味しかったー
この時期になると柿もなかなか買わないので、嬉しかったです。

来週で今年度の企画も終わるのですが、今年も最後は花桃が来るようで、楽しみです♪

ほうとう&黒豆ごはん

20170214a.jpg

昨日の晩ごはんは、ほうとう&黒豆ごはん。

久しぶりの黒豆ごはん、玄米と白米を2:1で炊きました。
めずらしいことに、いつもはお茶碗1杯に苦戦する娘が「ごはん、おかわりー!!」と、子供茶碗に2杯をぺろり♪

すぐ下の日記で、最近豆を嫌がるようになったと書きましたが、
豆を炊き込んだごはんは変わらず好きなんだなと再確認。作ってみて良かったです。

娘の様子に刺激されたのか?息子も同じようにおかわり。
お弁当分、先取りしておいて正解でした(笑)

20170214c.jpg

寒くなりはじめた頃にみなづきさんのほうとうの記事を読んで、それからずっと気になっていたシマダヤのほうとう。

そして生協のカタログで見るたび気になっていた乾燥ごぼうの、少量お試し企画を発見したので、初挑戦。
皮むき、カット、アク抜き済で時間短縮できるし、ごみも出ない。
思った以上に食感もあって、これは便利~

味付けは白味噌と辛口の田舎味噌(麦味噌)を半分ずつ、
具材は鶏むね、かぼちゃ、椎茸、京あげ、大根、乾燥ごぼうで作ってみました。

白ねぎがあったのに入れ忘れちゃって・・・相性ばっちりだったと思うので残念。

20170214b.jpg

ほうとうはずっと前に外で食べたことはあるのですが、家で作ったのは初めて。

夫と子供たちは初めての味でしたが、みんな美味しいーと。
とろみのあるあったかメニューでぽかぽか、冷えた体によく効きました。

このカテゴリーに該当する記事はありません。